• HOME
  • ANAカード 還元率

ANAカードの還元率について

ここではANAクレジットカードのマイレージの還元率について詳しく解説しています。

■還元率の説明

還元率は、いくら使えばどれだけのポイントがもらえるかということ。

ポイント(マイル)の還元率はクレジットカードによって違います。

ANA JCB一般カードの場合

◎10マイルコースで1000円=1ポイント=10マイル(手数料2100円が必要。)

◎5マイルコースで1000円=1ポイント=5マイル

つまり、ポイントで言えば1000円で1ポイント、マイルに交換する場合5か10マイルになるわけです。

数字で言ってもわかりにくいかもしれませんので、今度はマイルで交換できる商品を紹介します。

例えば、12000マイルを貯めると、ローシーズン「東京=ソウル」のエコノミークラス特典航空券と交換することができます。

紹介URL:http://www.ana.co.jp/amc/reference/tukau/kokusai.html

■ポイントを貯めるコツ

ポイントを効率よく貯めるコツは、飛行機をよく使うことです。

飛行機利用には、飛距離に応じたマイルや、基本区間搭乗ボーナスがプラスされますので、あっという間に使えるだけのポイント(マイル)が貯まります。

海外旅行や出張で飛行機をたびたび利用する人は、ポイントが貯まりやすいと言えるでしょう。

他には、ANA系列のお店でカードを使って買い物をすることです。

その場合、ポイント還元率が2倍になりますので、他のお店で買い物をするよりも早くポイントが貯まります。

また、家族カードを作って家族内の買い物をカードで決済するようにすれば、もっとはやくポイントが貯まります。

■ポイントボーナスが多いANAクレジットカードのご紹介

カード名

ANA JCBプレミアムカード

年会費 本会員:75,600円 家族会員:43,200円
特徴

1000円につき1ポイント=10マイルと交換が可能。

ポイント移行手数料無料。

新規入会・継続で10000マイルがもらえる。

搭乗ボーナスマイル+50%がもらえる。

ANA提携店で買い物をすれば、マイルが2倍貯まる。

管理人の
コメント

ANAカード プレミアムは、ゴールドよりもワンランク高いクレジットカード。 搭乗マイルの+50%がボーナスとして加算されますので、スピーディーにポイント貯蓄が可能。年会費は高く、審査も厳しいですが、ハイクオリティーなサービスを受けられるリッチなカードです。

ANAJCBプレミアムカードお申込みボタン

口コミで評価の高いANAカードはこちら