• HOME
  • ANAカード Edy

ANAカードはEdyを活用できます

ここではANAカードに搭載されている電子マネー「Edy」についての解説と、Edy搭載のANAクレジットカードを紹介したいと思います。

■Edyとは

Edyとは、コンビニやデパートなど全国250000ヵ所以上のお店で利用できる電子マネーのことを言います。

お店に備え付けられているEdy専用の読み取り器に通すことで決済をすることができます。

現金が不要で、ポイントも付与されますので大変便利なシステムとして普及しています。

Edyはクレジットカードにも搭載されている場合があり、タバコやジュースなどのちょっとした買い物をしにいく時に小銭を持ち歩く必要がありません。

■Edyのメリットとデメリット

Edyはクレジットカードだけではなく、携帯電話にもその機能が搭載しているものがあり、入会審査なしで加入することができます。

普段現金で支払っている物をEdyで決済を行えば、マイルやポイントなどが貯まりやすいと言うメリットもあります。

ただひとつ不便なことがあるとしたら、お金をEdyに予めチャージしておかなければいけないことでしょうか。

Edyのチャージ方法は、コンビニのレジなどで現金チャージする方法がもっとも一般的です。

■ANAカード(Edy搭載カード)のご紹介

ANAクレジットカードでは、Edy機能付きのカードが発行できます。

Edy機能付きのクレジットカードを作るメリットは、ポイント(マイレージなど)を共有することができるということ。

ここではそんなEdy機能付きのANAカードのサービス内容について解説します。

カード名

みずほマイレージクラブカード

年会費 無料
特徴

みずほマイレージクラブカードと、ANAマイレージクラブ Edyカードが1つになったクレジットカード。マイレージクラブとは、オンラインやお店などでの買い物をした時に効率よくマイルが貯まるプログラムのことを言います。「みずほマイレージクラブカード」では、ANAやスターアライアンス加盟各社など、幅広い航空会社と提携していますので、飛行機を使うたびにマイルが貯まります。また、みずほ銀行・コンビニATM銀行のATM手数料が基本無料になり、みずほ銀行あての振込み手数料も無料になります。(他行への振込みは月間3回まで無料。)

管理人の
コメント

ANAカード プレミアムは、ゴールドよりもワンランク高いクレジットカード。 搭乗マイルの+50%がボーナスとして加算されますので、スピーディーにポイント貯蓄が可能。年会費は高く、審査も厳しいですが、ハイクオリティーなサービスを受けられるリッチなカードです。

口コミで評価の高いANAカードはこちら