• HOME
  • ANAカード ETCカード

ANAカードのETCカードについて

■ETCカードの発行方法

ETCカードには、日本道路公団、本州四国連絡橋公団が発行しているものと、クレジットカード会社が発行しているものがあります。

ここでは、クレジットカード会社が発行しているETCカードについて詳しく解説していきます。

■ETC車載器とETCカードについて

高速道路をほぼノンストップで通過できる大変便利なETC。

そのETCは、ETCカードというものがクレジットカードとは別に発行され、自動車にETC車載器を搭載し、ETCカードを挿入すれば準備完了です。

ETC車載器の価格は、大体5000円から10000円ぐらいで取り付けることができます。

■ETCを使うメリットとは

ETCの決済方法は、クレジットカード利用額と合算で決められた日に引き落としがなされます。

クレジットカードには、ポイントサービスというものがついていて、利用した金額に応じてポイントが加算されます。

ETCで高速道路を利用した分もポイントとして加算されるので、高速道路をよく使う人で、ポイントを効率よく貯めたい人には大変便利。

また、休日割引や通勤割引、早朝夜間割引なども適用されますので、車をよく利用する人はぜひ作っておいたほうがいいカードです。

■ANAクレジットカード(ETCカード付帯)のご紹介

カード名

ANA JCBカード

年会費 本会員:2,160円(初年度年会費無料) 家族会員:1,080円
ETCカード名 ANAスルーカード(年会費無料)
ETCカードの
詳細

このETC対応ICカードと車載器を用意することで、高速道路の料金所を待たずに通過することができます。代金の決済方法は、ANA JCBカードで利用した代金と合算されて支払うようになります。 なお、カードを発行するには、クレジットカード発行と同時に申し込むことで簡単に発行できます。高速道路料金を支払った分のポイントも当然クレジットポイントに加算されますので大変お得。

管理人の
コメント

ETCカードを持っていると、高速道路の料金所の渋滞を回避することができます。地方の高速道路の料金所はそれほどこんでいませんが、都心部になってくるとこの渋滞は結構わずらわしいものです。ETCを導入すれば、スムーズに料金所を通れるので大変便利。また、時間帯や休日割引を受けることもできますので、現金で高速道路料金を支払うよりも断然お得!まだETCを導入していない人はぜひカードを作って活用してみてください。

ANA JCBカードお申込みボタン

口コミで評価の高いANAカードはこちら