• HOME
  • ANAカード 保険 補償

ANAカードの保険と補償について

ここでは、ANAクレジットカードに付帯する保険について保険内容や、自動付帯、利用付帯についての概要などを解説しています。

■クレジットカード付帯保険とは?

クレジットカードには、通常旅行保険が付帯します。

ANAクレジットカードJCB及びVISA一般クラスの場合、海外旅行障害保険が最高1000万円まで、国内航空障害保険が1000万円まで補償されます。

この障害保険というのは、旅行中に、ケガや事故などが原因で死亡及び後遺障害になった場合、この補償が適用されるというものです。

この他にも、傷病治療や疾病治療などの保険が付帯する場合があります。むしろこちらのほうが大事ですので、カードの規約をチェックしておきましょう。

■その保険は自動付帯?利用付帯?

クレジットカード付帯保険の適用条件には、自動付帯と利用付帯があります。

自動付帯とは、カードを所有するだけで保険が適用されるというもの。

ゴールドやプラチナランクのカードになると、この自動付帯の保険が付いている場合が多いようです。

利用付帯は、ツアー代金や公共交通機関をカードで支払った場合のみ適用されるというもの。

一般のクレジットカードに付帯する旅行障害保険のほとんどはこの利用付帯の場合が多いみたいです。

■複数のクレジットカードを持っている場合

複数のクレジットカードを持っている場合、死亡・後遺障害が対象となる旅行傷害保険は最高補償額のカードの補償のみが適用され、その他のショッピング保険や障害治療などは複数分のカードの保険が適用されるようです。

海外でケガをした時には、この保険は絶対に必要です。

なぜならば、海外では、日本の健康保険が適用されないため、100%の医療費負担を請求されてしまうからです。

障害治療や疾病治療の補償額は基本的には少ないので、何枚かクレジットカードを作っておくのが得策かもしれません。

ただし、同じブランドのカードだと、複数分適用されない可能性があります。別ブランドのカードをサブで作っておくのがいいでしょう。

■手厚い保険内容のANAゴールドカードのご紹介

カード名

ANAワイドゴールドカード

年会費 15,120円
保険内容

【JCBの場合】

海外旅行傷害保険:最高1億円まで

国内航空障害保険:最高5000万円まで

国内旅行障害保険:最高5000万円まで

管理人の
コメント

ANAのワイドゴールドカードは、海外旅行傷害保険が1億円まで補償されます。カードのクラスが一般からゴールドに上がると、サービス内容だけではなく保険の額も手厚くなりますので、余裕がある場合はゴールドランク以上のカードがお勧め。

ANAワイドゴールドカードお申込みボタン

口コミで評価の高いANAカードはこちら