• HOME
  • ANAカード 家族カード

ANAカードの家族カードについて

■家族カードとは

クレジットカードには、本会員のほかに家族会員というものがあります。

本会員とは、カード利用者本人のことです。

家族カードとは、本会員になっているユーザーの配偶者や家族関係に当たる人が作ることができるカードのことです。

家族会員は、本会員の年会費よりも安く利用でき、ポイントを共有することもでき、早く貯まります。

よって、家族内では、別々のクレジットカードを持つより、家族カードを作ったほうが断然お得だというわけです。

■家族カードは贈与税対策にもなる!?

通常日本では、1年間に110万円以上の現金または資産の譲渡があった場合、譲与税が発生します。

もし親から子へなど、おこづかいなどで年間110万円を超えるお金を渡すのならば、原則この贈与税がかかってしまいます。

クレジットカードで家族カードを作れば、この贈与税の対象にはならず共通口座の代わりになり大変便利。

クレジットカードの家族カードは、税金対策としても利用できるわけです。

■家族カードを利用できるおすすめANAカードのご紹介

クレジットカードは、基本どのカードでも家族カードを作ることができます。

その中でもお勧めのクレジットカードを紹介したいと思います。

カード名

ANAダイナースカード

年会費 本会員:29,160円 家族会員:6,480円
ポイント
サービス

新規入会・継続で、ボーナスマイル2000マイルがもらえる。

基本のフライトマイルに、区間基本マイレージの25%が加算される。

ポイントの有効期限なし。

サービス内容

ラグジュアリーホテルの特別価格での優待宿泊ができる。

ダイナース会員専用の空港ラウンジサービスを利用できる。ラウンジは、海外・国内に80ヵ所以上あります。

ANAカード限定の割引運賃「ビジネスきっぷ」を利用できる。なお搭乗日当日の予約や変更も可能。

カード利用金額に一律の制限がないため、高額な買い物ができる。

最高1億円までの海外・国内旅行傷害保険が付帯。

24時間のカスタマー・サポート付き。

管理人の
コメント

家族カードは、ポイントを効率よく貯めるのに大変便利です。家族間の買い物を、カードで統一することで、スピーディーにポイントが貯まっていきます。年会費も本会員より安いので維持もしやすいです。ぜひ家族カードを活用してみてください。

ANAダイナースカードお申込みボタン

口コミで評価の高いANAカードはこちら